マンション売却の体験談ワンダラーズユニオン

マンションを高く売るために私が実践した体験談

マンション売却の注意点

マンション売却の注意点は?汚れに落とし穴が!掃除で高値に

2017/08/09

マンション売却の注意点は?汚れに落とし穴が!掃除で高値に

私が行ったマンション売却で、コレを注意したから査定が高値になったという体験があります。それが、マンションの玄関とお風呂場、トイレやベランダの掃除です。掃除なんてしなくても、マンションの立地条件や建築年数で査定が決まると考えていると落とし穴にはまります。こちらでは、マンション売却の注意点で、もっとも忘れがちな掃除に重点を置いて高値を獲得した私の体験談をお伝えします。

玄関を入った瞬間から査定が始まる!汚れチェックは大丈夫?

まず、私が最終的にマンション売却をした不動産業者と最初の査定の業者が違ったことをお伝えします。マンション売却をなんとなく考えて、査定を申し込んだ不動産業者に査定を依頼したところ、とても低い金額を提示されて愕然としたのです。

その際、私は、自宅マンションの玄関を開けて入室した時から、不動産業者の態度が余りよくないと感じています。最終的に査定を提示されて納得ができない私は、理由を聞いてみたのです。すると「建築年数もそこまで経っていないのに、汚れが目立ちます。玄関も、トレイも、ベランダも、お風呂も汚れています。顧客は、いくら立地条件が良くても汚れがある中古物件には住みたくないので。このくらい値段を落とさないと無理ですよ」との回答です。

理由は分かりましたが、どうしても査定が納得できない私は、この業者を断ることにしたのです。

査定を高値にするために実施すること!清潔感をアピール

そこで、次の不動産業者を選ぶ前に、徹底的に汚れを掃除してみたのです。

まず、自分が不動産業者になったつもりで、住み慣れたマンションの玄関を開けて入室します。すると、毎日生活をしていた際には気にならなかった玄関のタタキが汚れているのに気がついたのです。確かにマンション売却をする立場とすれば、すぐにでも売りたいので細かい部分までは徹底的に掃除も面倒です。

簡単に掃除をしても、靴の裏についた砂が玄関のタタキのタイルや四隅の角にこびりついています。これはネットで調べて、濡れ新聞を使い、しっかりと汚れを取ることに成功したのです。また、ベランダの細かい場所も要チェックです。ベランダは査定や顧客が訪れると一度は出て様子を確かめます。その際に清潔感をアピールするためには、掃除にベランダ用の洗剤を使ってモップでゴシゴシすると良いです。

汚れが目立つ場所として、トイレの掃除も重要な査定を上げるためのポイントです。トイレ掃除は、トイレ用洗剤を使いトイレ用のブラシで汚れを取ります。その後に、しつこい汚れを紙やすりでこすると清潔感を上げることができます。また、お風呂のカビ汚れがあると査定でNGになるので、査定を高値にするために実施することは、カビ取り洗剤をまいた後に、サランラップで密閉します。これで、半日くらいするとカビが取りやすい状態になります。

掃除の結果でマンション売却の査定が高値に!

これらの掃除でマンション売却の査定を上げる工夫をして、再度、別の不動産業者に査定を依頼します。すると、次の査定では玄関を入った瞬間から、不動産業者の「キレイな物件ですね」の声を聞くことができたのです。続いて「トイレも、ベランダもお風呂場もカビもほとんどなく、買い手もつくでしょう。この金額でいかがですか?」と高値の提示です。

マンション売却のために掃除を徹底的に行った結果の査定金額は、最初の査定よりも500万円も上乗せされたのです。みなさんも、自分のマンションの査定金額が低いのなら、掃除用具を全部購入しても1万円くらいの出費と労力で、これだけの高値になるのです。ぜひ、マンション売却の際には、注意点として掃除をして高値にすることを覚えておくと良いでしょう。

-マンション売却の注意点