マンション売却の体験談ワンダラーズユニオン

マンションを高く売るために私が実践した体験談

マンション売却の注意点

マンション売却の交渉!諸費用負担で顧客や業者が安値にしたい訳

マンション売却の交渉!諸費用負担で顧客や業者が安値にしたい訳

私がマンション売却をした際に、困ったことは顧客も業者も安値にしたいと交渉で意見を変えないことです。その理由を、マンション売却をすすめる流れで知ったのですが、顧客は購入の際に諸費用の支払いをします。その負担を減らすために物件そのものの購入額を減らしたいのが本音なのです。しかし、私は高値にしたいので、その辺りを考慮しながら、お互いに駆け引きのようにマンション売却の交渉をすすめた流れを体験談で紹介します。

マンション売却の仲介手数料

私はマンションを売却すれば良いのですが、相手はマンションを購入する訳です。そのため当然ですが、少しでも購入費用を抑えようと必死に交渉します。

ここでポイントなのは、不動産業者はマンション売却ができると、仲介手数料が入ります。正直、業者もこの流れならば、少しでも高値でマンションを売却して手数料を多く取りたいはずです。しかし、意外と不動産業者は安値でも良いので売りたいと考えます。

理由は、仲介手数料には受け取り金額の上限があるので、不動産業者にとって数百万円の差はないのも同然なのです。マンション売却者と購入者は数百万円にこだわります。また、不動産業者は顧客と売却者の双方から仲介手数料を取れます。このため、早めに交渉をすすめて安値で売却して契約を完了した方が得策だと考えるのです。

諸費用を顧客が負担するマンション売却の流れとは

しかし、マンション売却者と購入者にとって、マンション売却の流れで一番大変な点は、数百万円の折り合いができるかどうかなのです。私はマンション売却者なので、仲介手数料以外の負担はほとんどありません。でも、マンションの購入者は登記する費用や融資の際の住宅ローン保証料、欠陥マンション検査料金や、保険などの諸費用も支払うのです。

また、全額ローンを組まない場合は、マンション購入の頭金や全額費用も必要です。このため、マンション売却では、顧客は購入費用をできる限り安値にしたいと不動産業者に相談するのです。

マンション売却では顧客のお財布事情も考慮する!

マンション購入の際に顧客が負担する諸経費や頭金は現金払いが基本ルールのようになっています。このため、顧客の現金が足りないとマンション売却はスムーズに進みません。この辺りの顧客のお財布事情を考慮しながら、自分だけが高値で売却することだけを考えて値段を提示するのも問題です。マンション売却者は、高値ならどんどん上げたいところです。しかし、顧客の立場でマンション購入費用が増えると、組めるローンの範囲を超えることもあります。すると、頭金に現金を集められない顧客は、購入をあきらめます。

結局、私はこのようなことをマンション売却で学び、顧客の負担を減らすために最終的に自分の希望額よりも300万円下げています。それでも、マンション売却ができたので私はこれで満足しています。マンション売却の交渉では、購入希望者がこれ以上払えないと判断したら、次の顧客が現れるまで時間がかかります。不動産業者も高値ばかりつけるマンション売却者よりも他の売却希望者を相手にします。ここで、マンション売却のチャンスだと判断するのなら、少しは相手の言い値に任せるのもありなのです。

-マンション売却の注意点